離婚での不動産売却なら任意売却

REトラスト


ローンの支払いが滞る前にこそ 任意売却を考えましょう

ローンの支払いが滞ってしまうと、俗にいうブラックリスト(本来はそのようなリストがあるわけではなく、信用情報への記載ということですが)に載ってしまう、家も競売にかかってしまう、住むところもなければお金を用立ててもらうこともできなくなる、と最悪のシナリオになってしまいます。
今、いろいろな事情から家のローンを支払い続けることが難しくなってしまっているというご家庭があります。
ローンを支払うことができなくなってしまう前にこそ、任意売却を進めることでその後の生活は確実に楽になってきます。
任意売却では、もし売却してローンが残ったとしても、仲介してくれる企業の協力次第でローンの支払いが毎月無理のない範囲で済むように協議していくこともできます。
また、競売では相場の半額近くで売却されてしまうことも少なくありませんが、任意売却では相場の7,8割と高い水準で売却することができます。
高く売れればその分、ローンの残高も減らせますよね。
また、引っ越し費用についても捻出して貰えるケースが多いのも任意売却の良いところなのです。

7つの魅力がうりの不動産のプロ REトラストで任意売却のご相談を

大阪、兵庫、奈良で活躍しているREトラストという企業があります。
不動産の売買、管理、任意売却を行っている企業ですが、ここでは長年にわたる実績と、豊富な知識、ノウハウが魅力となっています。
任意売却には、交渉がとても重要です。
その点に慣れていないところに任意売却を依頼しても、思うような結果が出ないということもあります。
もちろん不動産ですから、任意売却をしようとしたところで100%売れる、というものではありませんから、そういった点においても、REトラストのように不動産の扱いに慣れている企業に依頼することで、より安心して任せることができるでしょう。


ページトップへ

運営者情報