離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 基礎知識 > 財産分与はどうなる?

財産分与はどうなる?


離婚するときに必要な財産分与について

財産分与、というのは離婚する際に、ご夫婦が築いてきた財産(共有財産)についてどのように分けるのかを取り決める、ということです。
少しでも早く離婚したい!!と離婚を急いでしまったがために、後々財産分与をし損ねたことを後悔するという方も少なくないのだそうですから、離婚するときにはしっかりと冷静に状況を見極める必要があります。
ただし、財産分与の対象となるものは、特有財産(夫婦でなしえたものとは違う、婚姻前からどちらかが所有していた貯蓄や、結婚後も含めて受け取った相続分など)は含みません。
あくまでも夫婦が二人で築いてきたものを、別居時点までの財産について分けましょう、というものだと認識しておくとよいでしょう。

離婚時の不動産に関する財産分与はどうなる?

例えば不動産に関して言えば、ローンの残高があるかないか、ということが問題になることは多いのだそうです。

夫名義のローンが残った状態で離婚となり、家には奥様が住み続ける、という場合にはご主人がローンを支払い続けるということもあるかと思います。
ですが、住んでもいない家のローンを支払うということにそもそも前向きになれないのも人間です。
ローンの支払いが滞っているということが問題になるケースが多いのだそうです。

また、ご夫婦二人の共有名義でローンが残っている場合、どちらか片方がローンを支払い、住み続けると決断したとしましょう。
その時によく「離婚したのだから、連帯保証人でもなくなっているのだろう」となんとなく思って家を出た元配偶者のところに、なぜかローンの支払いが滞っているということで督促がくることもあるのです。
これは単純に「連帯保証人」から抜けていないせいでもあります。
連帯保証人から外れる、ということは銀行との取り決めによるものですから、離婚により抜けられるというものではありません。また連帯保証人から外れるためには、色々と手間もかかり簡単に成立するものではないのです。

などといった形で、ローンが残った状態で離婚となった場合にはトラブルに発展するケースが本当に多いのだそうです。
ローンの残高のほうが売却価格より高い、ということであれば、「任意売却」をするという手段もありますので、検討してみられるのもおすすめです。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 大阪や京都・神戸・和歌山でで対応可能
  • 実績も関西トップクラス
  • 弁護士さんによる債務相談を無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2離婚弁護士 大阪四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相談が無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 離婚関係の実績豊富

3ワイズプランニング

おすすめの理由
  • 不動産の売買を行っている企業
  • 実績も豊富な企業
  • 大阪 淀川近辺で任意売却をお考えの方に

ページトップへ

運営者情報