離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 基礎知識 > 競売の進め方

競売の進め方


家のローンの支払いが厳しい・・という状況になってしまったとき

家のローンの支払いが厳しくなるほど家計が追い詰められてしまったとき、いったいどうなって知っておくことは大切です。
家のローンというのは、一般的なクレジットカードなどとは異なります。
3か月以上滞納が続けば法的手続きを執行されてしまうことになります。
それが「競売」ですね。
ローンの滞納が続いた状態で、残高の一括返済を求められていながら従わず、ローン申請時に申し込みをした保証会社などで代位弁済してもらった状態で、その保証会社から返済を求められることになります。
そして払えないとなれば裁判所からは「競売開始決定通知」というものが送られ、競売が開始されることになります。
この競売にかけられた物件は市場価格よりも大幅に安いということで、マイホームを安く購入したいと考える方の中には競売物件を中心にお探しになる方もいらっしゃいます。

競売の進め方とは??

競売物件を購入するにあたっては、通常の物件購入とは異なる流れになります。
売却する側としても通常の物件売却とは異なる流れになります。
競売開始決定通知を受け取った2か月後には、物件内部の調査と写真撮影のために執行官の訪問を受けます。
その2か月後には期間入札の公示となります。
この段階まで進むと、”任意売却”に切り替えるということは難しくなります。
できるだけ高く購入してもらい、現金を手元に残しておきたいとお考えになるのであればここまで進んでしまう前に、任意売却の手続きをすすめ、契約を結ぶことが重要です。

そして執行官の訪問から5か月すると”入札期日”を迎えます。
そのあとで開札日を過ぎ、売却許可決定がでて、所有権移転、サービサーへの債権譲渡、立ち退き、という流れになります。


競売では引っ越し費用を捻出するのも難しいですが、任意売却であれば手元の現金とは別に引越し資金を得られるケースも多く
なっています。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 大阪や京都・神戸・和歌山でで対応可能
  • 実績も関西トップクラス
  • 弁護士さんによる債務相談を無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2離婚弁護士 大阪四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相談が無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 離婚関係の実績豊富

3ワイズプランニング

おすすめの理由
  • 不動産の売買を行っている企業
  • 実績も豊富な企業
  • 大阪 淀川近辺で任意売却をお考えの方に

ページトップへ

運営者情報