離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 基礎知識 > 机上査定と訪問査定

机上査定と訪問査定


不動産売却時には査定が重要になってきますが、査定には2つの方法があります。
売却決定までのどの段階での査定か、ということであればどちらでもかまいませんが、どこの不動産会社に売却するかを決めるのに正確な査定を知りたい、ということであればどうすればよいのでしょうか。

おおよその査定額を知りたければ机上査定

机上査定というのは名前の通り、「実際に物件を見ることなく査定する」という方法です。
近隣の売却情報であったり、「過去の売却時の取引事例」「市場の動向」といったものから、物件の種類と所在地、土地・建物の面積や間取り、道路の幅員、築年月、売却予定日といった情報から、おおよその売却額を査定してもらう方法です。

これを選択するメリットは「家にいろいろな人を出入りさせずに済む」ということかもしれません。
査定のためとはいえ、何人もの初対面の人物が立ち入るのに抵抗を覚える方にとっては、机上査定は便利に感じられるでしょう。

訪問査定でわかるのが本当の売却価格

実際に売却するとなったら、確実に通るステップです。
訪問査定では実際に物件がどんな場所にあって、立地条件はどのようになっていて、日照はどうか、周りの環境はどうか、接道状況、建物の状況はどうか、間取りや設備はどうか、といったことも含めて、査定が行われます。
建物の図面や測量図、公図、登記簿謄本、権利書といったものが必要になります。
本来の売却時には必ず必要になるステップですから、いくつかの不動産会社に査定をとり、比較する場合にはこの査定方法をチョイスしておくほうが結局スムーズに進むのかもしれません。

また、机上査定で出る金額と訪問査定で出る金額には大きな開きが出る場合もあります。
ですから正確な情報を持ってどこに売却するか、売却後はどうするかということを決定するのであれば机上査定よりも少し面倒ではあるかもしれませんが、訪問査定をしてもらうほうが結局楽になるのではないでしょうか。


ページトップへ

運営者情報