離婚での不動産売却なら任意売却

大伸住宅


ローンの支払い 共同名義なのに競売の危機になってしまったら

ローンの支払いに困っている。
親と共同名義で購入した実家が競売にかけられそうになっている。
連帯保証人になっている物件がローンの支払いを滞納している。

このような事態になってしまったら、競売にかけられて貯金や財産も差し押さえになってしまうのではないかとお悩みになっていらっしゃるのではないでしょうか。
ですがまだ、早い段階であれば助かる方法はあるのです。ご存知でしょうか?

”任意売却”という方法を選択すれば、競売にかけられるよりもはるかに高く売却でき、かつローンの残りがあったとしても無理のない範囲で、その後の生活を圧迫しないような形で返済できるよう協議することもできます。

さらに、どうしてもこのまま家に住み続けたいという意思があり、協力してくれるお身内の方がいらっしゃれば、そのまま住み続けながらローンの支払いを無理のない範囲で行うように調整することもできるのです。

任意売却であれば、俗にいうブラックリストに登録されてしまうこともありません。
給与や預金の差し押さえになることもありません。

競売になればご近所にも知られてしまいますが、任意売却であればプライバシーも確保されます。
様々な利点がありますが、できるだけ早く任意売却を進めることが大切ですから、まずは任意売却を行っている業者を探し、相談から初めて見るとよいでしょう。

豊中市近辺で任意売却をお考えなら 任意売却駆け込み寺 大伸住宅へご相談を!

大阪の豊中エリアで今、困っていらっしゃるということでしたら、任意売却駆け込み寺 として運営している大伸住宅もおすすめです。
大伸住宅はもともと不動産会社ですから不動産の扱いはお手の物。
任意売却といえども売却できなければ何にもなりませんから、売却のノウハウが豊富で、任意売却の実績も豊富なところに依頼するのがスムーズに進めるコツでもあるのです。


ページトップへ

運営者情報