離婚での不動産売却なら任意売却

司法書士


離婚と不動産についてのお話し

離婚は結婚するよりも全然大変。
そんなことをよく聞きませんか?
実際にこれから離婚が成立するという立場になるとその言葉を改めて思い出されているという方が多いのではないかと思います。
離婚するには、これまで二人で築き上げてきた財産などを清算する必要もあります。
お互いに無理のない範囲で、損をしないでもらえるものはしっかりもらおう、そう思うのが人間としては当たり前ともいえるところではないでしょうか。
そのためにはきちんと知識がある状態でことに臨む、という姿勢が重要です。
とはいえ、仕事もしながらきちんと情報をかき集めようと思ってはいても、素人からしてみればちんぷんかんぷんになってしまうような話もたくさんありますから、難しいというのが現実です。

ですから多くの方々が、離婚で不動産売却を行う必要が出てくるといった時には、弁護士さんを頼んだりするのではないでしょうか。

離婚で不動産売却をする場合には弁護士さんに頼むしかないのだろうか・・・

実は今は、離婚で不動産売却を行うからといって、弁護士さんに頼るということだけがすべてではないのです。
もちろん、不動産屋さんに頼んでください、なんていうつもりはありません。
きちんと法律のことについても理解のある”司法書士”さんでも、離婚における不動産の扱いにたけているということで、そうした相談に応じていらっしゃる方が多いのです。

ですから、どうしようかと悩んだら、むやみに弁護さんを探すのではなく、”離婚と不動産売却”についてのプロを探すということをおすすめしたいと思います。

お住まいの地域によってどちらが該当するのかはなんとも言えないところでもあります。
ですが、弁護士さんでも司法書士さんでも、離婚にまつわる不動産の扱いには慣れているという方が多くなってきていますので、ぜひ相談からでもされてみてはいかがでしょうか。


ページトップへ

運営者情報