離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 相談先 > 任意売却専門業者

任意売却専門業者


任意売却をするにはどうしたらいいのか

ローンの返済が滞れば、「競売」にかけられ、実質上家から追い出されてしまうことになります。
競売になれば、手元にお金が残ることはほとんどないのだそうです。
実際には引っ越し費用すら捻出することができずに困ってしまうというケースが多いとも言います。
色々な事情から家のローンを滞納する前に追い詰められてしまうことはありえないことではありません。
ですが競売になってしまうような事態になる前に、できることはあるのです。
それが「任意売却」という手段なのです。
ローンが支払えなくなりそうだという時や、すでに滞納してしまっていて競売にかけられそうだとわかったとき、またすでに競売が始まってしまっているとき(これは競売で入札しているお相手次第でもできるかどうかは違います)に、競売ではなく任意売却をすることで、競売よりも市場価格に近い値段で売却することができ、かつ残債についても無理なく返済できるような協議が可能になります。
それだけではなく、手元にお金が残るもしくは引っ越し費用を捻出することが可能になるケースが多いのです。
そのためには任意売却を依頼する業者を頼むことがおすすめではありますが、その際のポイントがあるので簡単にまとめてみたいと思います。

任意売却専門業者に任意売却を依頼するときのポイント

任意売却専門業者に依頼するときにチェックしていただきたいのが「不透明な手数料が請求されていないか」ということがまず第一にあります。
法律で、任意売却専門業者に支払うべき手数料は”成約価格の3%と6万円に消費”、と決められています。
それ以外の費用を請求されている場合には注意しましょう。
しっかりとわからない部分があれば確認して、依頼するかどうかを検討しなくてはなりません。
また、任意売却に関する実績はどうか、ということもチェックしてください。
できるだけ依頼主にとって良い条件で話をまとめて、負担を小さくしてくれる業者をと思うのであれば、実績のチェックは欠かせないのです。


ページトップへ

運営者情報