離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 相談先 > 不動産業者

不動産業者


結婚するよりも大変な離婚における不動産の扱いも難しい

結婚するよりも離婚するほうがパワーを必要とする、と語る経験者の方は多いですよね。
なかなか当事者にならなければ実感がわかない言葉ではあります。
当事者になってみると、そんな言葉以上に離婚というのは大変だと実感されているのではないでしょうか。
今までどれだけのものを二人で築いてきたのかということも改めて実感しながら、それらを細かく計算し、分与するといった必要も出てきます。

持ち家を所有されている場合にはさらにその扱いについても考えなくてはなりません。
どちらか一方が住み続けるのか、離婚を機会に売却して清算するのか、またローンがあるのか、ないのかということでも扱い方が大きく変わってきます。
特に問題になりやすいのはまだローンが残っているというケースです。
ローンが残っているのにどちらか一方が住み続ける、住み続けるのはローンを支払わない側で、住み続けるのが連帯債務者でもある、というケースでは特に注意が必要です。
慰謝料代わりに不動産をえて、ローンを支払わないでも住むことができてうれしいと感じることもあるでしょう。
ですが家を出て行った状態で、マイホームでもない家のローンを支払い続けることにはかなりモチベーションを維持するのが難しくなるのが自然の流れなのです。
そうなるとローンが滞りがちになり、結局慰謝料代わりにという話だったのに、連帯債務者であるがゆえに支払いを余儀なくされるというケースがあるのだそうです。

そんなことにならないためには、できればローンが残っているケースでは売却を検討しておくのが妥当ではあります。
色々と難しいことになるから、不動産の売却を弁護さんにお願いしようと思われるかもしれませんが、それだけが手段ではありません。

離婚で不動産売却をする場合には弁護士さんということはありません

離婚率が高い今だからこそかもしれませんが、今は不動産業者の中にも離婚による不動産売却に協力的な業者が多くなっています。
もともと不動産を扱っている業者だからこそのノウハウもあります。
売却するにあたってもそもそも主戦場なわけですから、心強いサポーターとなってくれることでしょう。


ページトップへ

運営者情報