離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 基礎知識 > 不動産売却時に必要な書類

不動産売却時に必要な書類


不動産の売却時 いざという時慌てないために

不動産の売却には、色々と必要になるものも、やらなければいけないこともたくさんあります。
査定を依頼し始めた段階、といわず、売却を検討しはじめてその時点から、準備を進めておくとその後の動きがスムーズになります。
準備するのに時間がかかるものもあります。
忘れないために何が必要になるのか、先に知っておくということも重要です。

不動産売却時に必要な書類はたくさんあります

不動産売却時には、土地なのか、戸建て住居なのか、マンションなのか、など建物の種別によっても一部必要な書類は変わってきます

・身分証明書
・印鑑証明書
・住民票
・実印

・登記済み権利書(もしくは登記識別情報)
・固定資産税納税通知書
・固定資産税評価証明書

・土地測量図
・境界確認書

・建築確認済証
・検査済証
・建築設計図書(あったほうが買主からの信頼感がUPするそうです)
・工事記録書(あったほうが買主からの信頼感がUPするそうです)

・マンションの管理規則・管理規約
・マンションの維持費等の書類

・耐震診断報告書(必須ではありませんがトラブル回避になるそうです)
・アスベスト使用調査報告書(必須ではありませんがトラブル回避になるそうです)
・地盤調査報告書(必須ではないがあれば尚よし)
・住宅性能評価書(〃)
・既存住宅性能評価書(〃)

必須になるものだけではありませんが、査定や、その後の買主に与える心象をよくすること、信頼関係を築くためにあればよい、といったものをリストアップしてみました。
ご自身が売却しようとされているものに必要なものはどれか、リストアップしておくと、漏れることなく準備できるのでおすすめです。
家にあって探すだけで済むものもあれば、そうではないものもありますよね。
ただし、役所で取得する書類に関しては有効期限が取得してから3か月以内と決められていますので、昔に取得しておいたものであったりすると使用できません。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 大阪や京都・神戸・和歌山でで対応可能
  • 実績も関西トップクラス
  • 弁護士さんによる債務相談を無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2離婚弁護士 大阪四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相談が無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 離婚関係の実績豊富

3ワイズプランニング

おすすめの理由
  • 不動産の売買を行っている企業
  • 実績も豊富な企業
  • 大阪 淀川近辺で任意売却をお考えの方に

ページトップへ

運営者情報