離婚での不動産売却なら任意売却
離婚で不動産売却 > 基礎知識 > 不動産売却は離婚の前後どちらにするべきか

不動産売却は離婚の前後どちらにするべきか


不動産を所有している場合の離婚の場合

持ち家があれば安心、と購入したものの離婚となれば色々と手続きも煩雑になってきます。
家電や家具とは違い大きな財産。中にはまだローンが終わっていないという方も多いでしょう。
ローンが終わっていない状況でも、ローンが終わっていても、同じようにどのように財産として分割するのかということを決める必要があります。
ただし、ローンが終わっていない状況では当然のことながら、マイナス分の負債として考える必要も出て着ます。
中には、ローンはご主人が払い続けるけれども、実際に住むのは奥様、というケースもありますし、ご主人が継続して済むのでローンもそのまま、であったり、奥様が住み続けるのでローンの支払いも変更したいという方もいらっしゃるでしょう。
さらに注意なのが連帯保証人となっているケースです。
連帯保証人というのはみなさんご存知だと思いますが、責任は重く支払うべき人物と同じく、支払い義務が発生します。
離婚したからという理由で連帯保証人ではなくなるというものではありません。
ですから、離婚の際にはどのようなローン申請になっていたか、しっかり記憶していないということであればきちんと確認しておくことがおすすめです。

不動産売却は離婚の前後どちらにするべきか

不動産売却のタイミングによって、税金がかかる、かからないといったお金の支出にかかわる差が発生します。

離婚成立前なのか、成立後なのか、謙譲する相手との関係性にもかかわりがある問題ですから、知っておかないと損をすることもあります。

婚姻期間が20年以上となる場合には、離婚成立前に限り贈与税が2000万円まで非課税となる、ということですから離婚成立前に財産分与をするほうがお得です。

また居住用の不動産かつ献上する相手が親族以外の場合には時価で3000万円までの、譲渡益が非課税となるということがありますから、離婚成立後には3000万円まで、非課税になるという方法もあります。
ご自身の場合にはどちらを選択するほうが損をしない方法なのか、しっかり検討してから行動されることをおすすめしたいと思います・


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 大阪や京都・神戸・和歌山でで対応可能
  • 実績も関西トップクラス
  • 弁護士さんによる債務相談を無料

利用者の声
39歳 (女性)「ローンを残さずに自宅を売却」
ローンを残さずに自宅を売却する。そんなことができるなんてビックリしました!

公式サイトはこちら

2離婚弁護士 大阪四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相談が無料
  • 売却以外の相談もできる
  • 離婚関係の実績豊富

3ワイズプランニング

おすすめの理由
  • 不動産の売買を行っている企業
  • 実績も豊富な企業
  • 大阪 淀川近辺で任意売却をお考えの方に

ページトップへ

運営者情報