離婚での不動産売却なら任意売却

ハウスドゥ


愛着がある家 長年の思い出がつまった家を離れるということ

ローンの支払いが継続するのが難しい状況になってしまった。
すでにローンの支払いを滞納してしまっている。
この状況では「競売にかけられるしかないのか・・・」とあきらめていらっしゃる方もいるかもしれません。
この状況で前向きになんとかしようと思えるほど人は強くはありませんよね。
できることならこのままこの家に住み続けたい。でもローンをこのまま払うことはできない。
売却したところで生活が成り立たない。
そんな状況でもできることがあるのはご存知でしょうか。
「任意売却」という方法をとることです。
すでに競売開始決定通知を受け取ってしまっていたとしても、早い段階であれば任意売却を行うことができるのです。
さらにいうと、この任意売却の手段の一つとして「リースバック」という方法があります。
理解ある買い手に家を買い取ってもらい、そのうえで賃貸物件として借りて家賃を支払いながら家に住み続ける、という方法です。
ですがこれは簡単な方法ではありません。
まず資金力があって理解がある買い手に出会えるかどうかということが最大の難関です。
通常はこういったケースでは、「安くマイホームがゲットできるチャンス!!」と買い手に名乗り出る方が多いのです。

この状況だからこそ愛着のある家に住みたいとご希望なら ハウスドゥへご相談を

リースバックをご希望されるなら、リースバックのノウハウと実績のある業者を探して依頼することが一番です。
リースバックというのは確実にできるものではありません。
その点、ハウスドゥは全国に展開しており、リースバックのノウハウも実績も豊富な業者ですから、リースバックが成功する確率が高いのです。
ハウスドゥでは自社で買取を行うことも行っていますから、今後の生活を立て直しつつ、今の家に住み続けることができるのです。


ページトップへ

運営者情報