離婚での不動産売却なら任意売却

タクショウ


離婚 収入減 などで自宅のローンの支払いを整理したいと思ったら

離婚する場合に、持ち家でローンがあり、ご夫婦で連帯保証人になっていたり、共同名義になっている場合でどちらかがローンを支払い続けるケースというのも注意が必要です。
中にはローンをご主人が支払い続け、住むのは奥様というケースもあるかと思いますが、このような場合にはローンの支払いが滞る(モチベーションが保てないなど)ケースが多くトラブルに発展するケースが多いのです。
このケースで、奥様が連帯保証人になっているとすると、離婚してもその関係が崩れることはありませんから奥様に即時請求や督促が来てしまうことになります。

またローンの支払いが滞っていて、競売開始決定通知を受け取っているというケースでも同じように解決することができるのですが、「任意売却」を行うことで、前者も後者も前向きに無理なく解決することができるのです。

任意売却は競売にかかってしまうよりも多く、ローンを減らすことができます。
そのうえで、残ったローンがあれば無理のない範囲で支払うことができるようにしてもらうことができるのです。
ですから、再スタートを切ろうとしたときに、大きな負担になることなく、新たな生活をスタートさせることができるのです。
それでも自己破産などをしているわけではありませんから、信用情報に傷がつくというわけでもありません。

STOP競売!!競売すると人生に制限が多くつきます! タクショウに相談を

任意売却というのは請け負っている業者は多くなってきていますが、注意していただきたいのが「任意売却は依頼先によって条件が大きく変わる」ということです。
タクショウでは”STOP競売!!”をスローガンとし、多くの事例を解決してきた実績があります。
任意売却の専門的な知識とノウハウ、豊富な実績でよりより条件で解決へと導いてくれる、それがタクショウなのです。


ページトップへ

運営者情報