離婚での不動産売却なら任意売却

サンプロフィット


競売にかかることが決まっても 早いうちに手を打てば競売を回避できるのです

「競売開始決定通知」を受け取ってしまうと、「もう競売にかかるしかないのだ・・・」と絶望的な気持ちになる方もいらっしゃると思います。
確かに、競売になるということはそれまでローンの支払いが滞りどうにもできなくなってしまっているという状況があるわけですから、そのような心境になるのも無理はありません。

ですがこの段階であればまだできることはあるのです。ご存知のない方も多いようですが、「任意売却」という方法をとることで、競売よりも数段いい条件で売却することができるのです。
中には、任意売却によりお身内に買い取っていただいて、その方に支払いをする代わりに、引き続き家に住めているという方もいらっしゃいます。
売却して退去するにしても、引っ越し代などいろいろとお金がかかるものです。
任意売却をされる方の中には、交渉次第で引っ越し代も捻出しつつ、ローンの残高によっては手元に現金も残すことに成功されている方も少なくありません。
もちろん競売になれば、引っ越し代はもちろん、手元に現金が残るということはまずありません。

任意売却は、不動産屋であったり、専門業者、弁護士さんなどに依頼して行ってもらうものなのですが、どこに依頼をするかでまったく違った結果になる、協議次第のものだということも認識しておくとよいでしょう。

大阪で任意売却を検討していらっしゃるなら 不動産総合事務所のサンプロフィットへご相談を

大阪エリアで任意売却と、不動産の売買、財産分与までも引き受けている、扶桑さん総合事務所のサンプロフィットという企業があります。

ここは不動産の扱いにたけていて、かつ任意売却というものも豊富な実績を積み上げているという強みもあります。
任意売却したからといって絶対に売れるというものではありません。
売れなければどうしようもありません。
ですが、任意売却と、不動産の売買のノウハウを持ち合わせているサンプロフィットのような企業であれば、安心して任せることができるでしょう。


ページトップへ

運営者情報