離婚での不動産売却なら任意売却

すみれ不動産販売


ローンが残っているけれども支払えない 離婚で家を処分したい そんな時にできること

ローンの支払いがすでに滞ってしまっている。
ローンを支払うことが今後近いうちに難しくなることが分かっている。
離婚するので家を処分しておきたい。
色々なケースでローンが残った物件を処分する必要が出てきたときに、売却するのも普通にするのではローンの支払いがその後の生活の足かせとなることもあります。
そういったケースでは、売却するだけではなく、その後のローンの支払いを楽にするための「任意売却」を選択することもできるのはご存知でしょうか。
任意売却というのは、ローンの残高を減らし、残ったローンがあればその支払いがその後の生活の負担にならないように協議で毎月の返済額を決めることができるのです。
そして競売のようにご近所の方に知られてしまうといったこともなく、引っ越し費用も捻出できるケースが多くなっています。場合によっては手元にも現金を残すような方法を選ぶこともできます。
競売にかかると現金を残すことは相当ローンの残高が少ない場合を除いてはなくなってしまいます。
そうなれば当然、そのあとの生活を立て直すことも、離婚後の再スタートを無理なく始めることも厳しくなってしまいます。
そういう時には任意売却することもできると覚えておいてください。

離婚による不動産処分もおまかせ! すみれ不動産販売に相談を

ローンの支払いにすでに困っていたり、競売開始決定通知を受け取っているような状況ではなく、離婚により共同名義や連帯保証人になっている物件を処分することが目的の任意売却の実績が豊富なのが「すみれ不動産販売」なのです。
多くの任意売却を取り扱っている不動産会社の場合には、ローンの支払いに困ったケースの売却ばかりを扱っているのにたいし、どちらのケースでも実績があるため、より相談者の方に良い条件になるような協議をすすめてくれるのが「すみれ不動産販売」なのです。

任意売却は交渉次第で条件が良くなりますから、実績豊富なところに依頼することが一番のコツでもあるのです。


ページトップへ

運営者情報